お店のニュースや豆知識などをご紹介しております

2016.06.23

オイルマッサージの歴史と効能について

アロマオイルを使ったオイルマッサージの基本の雑学についてお話させていただきます。 オイルマッサージは、ヨーロッパのマッサージの手法が基になっています。

ですが、サロンによっては、東洋医学やアーユルヴェーダ、リンパの流れを良くするリンパドレナージュの手法を取り入れているところもあります。
どの手法を選ぶのかは好みになりますが、アロマオイルを使用したオイルマッサージの一番の効果はリラクゼーションです。
一般的にアロマは女性に人気があるので、男性には向いていないと思う人もいるかもしれません。

ですが、アロマはリラクゼーション効果をもたらすため、ストレスを感じている男性にこそ効果が発揮されやすいと言えます。 肌にブレンドしたオイルを塗って、やさしいタッチでマッサージを行うと、かたくなった筋肉がほぐれると同時に心もほぐれていきます。 ゆっくりと波打つようなリズムで行うマッサージの動きは、日常生活の慌ただしさから解放してくれ、深いリラクゼーションをもたらします。

深くリラックスすることで、精神的な疲れや不安感、イライラした気持ちが軽減され、不快な感情を日常的に感じていると、心だけではなく、身体にも悪影響が与えられます。

ですので、オイルマッサージを受けた後に、心がすっきりとするだけではなく、身体も軽くなったと感じる人も多くいます。

また、ヨーロッパでは、治療に使われるほどアロマオイルの効能は認められています。 アロマオイルには植物の成分が凝縮されているので、オイルに少量をブレンドするだけで効果を発揮するんですね。
そしてオイルマッサージをすると、精油が皮膚に浸透し、血管とリンパに吸収されて体全体に運ばれます。さらに、精油の香りが脳を刺激し、乱れたホルモンや自律神経のバランスを整えます。

つまり、アロマオイルを使ったオイルマッサージは、体と心に働きかけ、体全体のバランスを整える作用があり非常に効果的だといえます。

当店では、オイルマッサージに使うアロマオイルは、アロマセラピストが個人の症状に合わせて選びます。 好きな香りはリラクゼーション効果をもたらすので、好みのアロマオイルがあれば、あらかじめアロマセラピストにお伝えください。